自然素材・無垢材の新築住宅・改築のベースホーム
自然素材・無垢材の新築住宅・改築のベースホーム
健康(ベースホームの家づくり)
ベースホームの家づくり

健康

なぜベースホームで建てた家は健康に良いのか。

理由は独自の技術&工法にありました!
理由1 30mm厚の天然無垢材を使っているから

冬でもあったか、スリッパいらず!!結露の心配も一切ありません。 含水率5%に落とした樹齢300年、赤松無垢材。
30mm厚の天然無垢材を使っているから

いっぽうで他社は・・・新建材12mm厚
薄いベニヤを接着剤で貼り合わせた、冷たい新建材フローリング。夏はベタベタ、冬はスリッパ無しでは歩けません。
新建材12mm厚
・薄いベニヤを接着剤で貼り合わせ。
・夏はベタベタ、冬は冷たすぎる。
・結露を起こす工業製品。

理由2 珪藻土入りクロスを使っているから

調湿効果はもちろん、無垢材の木組み空間との調和を考え抜いた夢ハウスだけにしかない壁紙です。
珪藻土入りクロスを使っているから

いっぽうで他社は・・・ビニールクロス
調湿効果一切無し!!結露の発生や、カビやダニの発生の危険性が・・・。
ビニールクロス
・表面わずか数ミリのみ薬物処理。
・人体に有害な薬物使用の可能性。
・木の割れ目から害虫が侵入し中から蝕まれる。

ホルムアルデヒド気中濃度

石油化学製品を使わないでシックハウスしらず。

子供が一人親の手を離れるのを機に、わが家に新築の計画が持ち上がり展示場を見て回ること1年。縁あって夢ハウス様のお世話になり8年余りが経ちます。その頃は子供のアトピー性皮膚炎と喘息に悩まされていた時期でもありました。 わが家の次男(現在20歳)は平成5年、1歳間もないある夜、それまで半座位で眠ることしかできなかったのですが、突然呼吸困難となり救急搬送され、最初の喘息発作を起こして以来毎月のように通院することとなり、平成6年にも再びひどい喘息発作で救急搬送されてしまいました。

平成17年彼が中学2年の夏、新居へ引越し日々の生活に追われ、彼を病院へ連れて行くこともできず、気にする間もない程だったある日引越して3ヶ月を過ぎようとしていました。 病院に行かなくては、きっと悪化しているだろうと恐る恐る彼の身体を見たところ、あれだけ変色していた皮膚の色が、すっかり普通の色に戻っており、本人もかゆみすらなく全身掻き傷だらけだった傷あともあとかたもなく消えていました。 これには本人はもとより、家族も驚くばかりでした。以来、喘息も皮膚炎も発症することなく風邪すらひかずに家族全員が健康で過ごすことができています。

余談になりますが、平成18年の春に買ってきたペットも皮膚炎がひどく、 お店の人にも長くかかると言われながら覚悟して飼うことを決めたのですが1ヶ月もしないうちにすっかり完治して、今では元気に走り回っております。 あの時新築していなかったら…と思うと夢ハウスの様のお世話になっていい出逢いをさせて頂き、本当に心から感謝しております。

シックハウスしらず

シックハウスしらず

子育て女性の約8割が木の家を求める

子育て女性の約8割が木の家を求める

アトピー、ぜんそくに負けない!!ベースホームの「家づくり」

免疫力の弱い子どもにとって住まいは体に大きな影響を与えます。

アトピーやぜんそくになる原因には様々な理由があると言われていますが、住まいから考えると大きなもので2つの要素があります。1つは、住宅に使われるフローリング、ドアなどの化学工業製品に含まれている、有害物質(ホルムアルデヒド)。もう1つは塵・ホコリ・カビなどのハウスダストです。
シックハウス法をしっていますか?

シックハウス法は2003年7月1日施工されました。この法律によって、国は強制的に換気扇の設置を義務づけました。なぜでしょうか。主に新建材から発生する有害な化学物質により体調を崩す人が続出したことが原因です。いわゆるシックハウス症候群です。化学物質が大量に放散されるから「換気して防ぐ」。これでは本末転倒です。もともと安全な建材を使用すれば換気など必要ないのです。天然無垢に包まれた住宅なら全く問題なく、健康・安全なのです!!

2006年に住まいづくり研究所が行ったアンケートによると、既婚のお子様がいる女性の約8割が一戸建て住まいを建てるとしたら「木の家」を建てたいという結果が出ています。

ぬくもりがある、癒されるといった理由で、木の家を求めている方々が圧倒的に多いことがわかります。

天然無垢は住まいのお医者さん!お喜びの声

子どもたちの未来に恐ろしい影響が!!

人を健康にする天然無垢材を「生命材料」といいます。

住環境による生存率

住環境による生存率

体から熱を奪う「冷輻射」がその原因

住環境による臓器の発育
金属製箱やコンクリート製箱の子マウスは成長が悪く、解剖してオス・メスそれぞれの生殖器を測定したところ、メスでは卵巣や子宮、オスでは精巣の重量が軽く、臓器の発達も悪いことが分かりました。
住環境による臓器の発育

“冷ストレス”の環境下では臓器にも悪影響をおよぼします!

病気を防ぐ木の家

インフルエンザの繁殖にも大きく影響!

ある調査で、木造校舎と鉄筋コンクリート造の校舎における児童のインフルエンザによる学級閉鎖数を比較したところ、木造校舎はコンクリート造の 1/2 以下という結果が出ました。木造の利点としては、素材自体の断熱性能によって冷輻射を防ぐことと、調湿作用があることです。

インフルエンザの繁殖にも大きく影響!

ウイルスが好む「冷え冷え」「じめじめ」が感染拡大を後押し。

ベースホーム4つのこだわり

健康×省エネ×耐震×耐久

家づくりのこだわりを知れば“つくり手の考え”も見えてくる。

1. 健康
2. 省エネ
3. 耐震
4. 耐久